落語 素晴らしき話芸の伝統

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

英語DE落語・動物園

桂 かい枝

桂かい枝の新作落語を絵本にしたもの。とにかく「ガハハ!」と楽しく笑えるユーモラスな展開が魅力。先日中津川でありました『桂塩鯛・桂米團治二人会』で、桂小鯛氏がこの話を披露しました。

図書館指定なし

落語絵本 九 そばせい

川端 誠

そばが大好きな清兵衛さん(略してそばせい)がお蕎麦大食いチャレンジの結果とんでもないことになるお話。人間、欲をかくとろくなことにはなりません。

図書館指定なし

ろじうらの伝説 (古典と新作 らくご絵本)

柳家喬太郎

こちらも新作落語で、柳家喬太郎氏の作。都市伝説と落語の融合による独特な味わいと、ハダタカヒト氏によるイラストのユーモラスさとノスタルジーさが相まって新しい落語絵本が生まれています。

図書館指定なし

ねこのさら

野村 たかあき

猫のごはん皿に使っているこの皿は天下の一品!何とかして手に入れるしかない!と意気込んだ商人がずっこけるお話。落語は企みをズルをした連中がトホホなことになるものが多く、この話はその代表と言えます。

落語の興味のある方にオススメ

落語。
噺家の語る物語を聞き手の想像で楽しむ愉快な物語で、日本が世界に誇るべき伝統話芸であります。
先日中津川市でも、『桂塩鯛・桂米團治二人会』がありました。
名人の噺家による落語で会場は大いに盛り上がり、常に大爆笑で包まれていました。(すごい楽しかったですby筆者)

というわけで今回は落語の絵本の特集です。耳で聞くだけでなく、目で見たり声に出して読む落語というのもなかなかおつなもの。この機会にご覧になるのはいかがでしょうか?

また当館では落語のCDの貸し出しもありますので、そちらもよろしければ借りていってください(なおお一人様一枚までですのでご注意ください)

※これらの本は、平成29年12月19日(火)に中津川市立図書館にて展示しました

1人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:547回、公開:2017/12/19

レシピの感想を書く

もっとレシピを読む