おとなだって読みたい絵本

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

おおきな木

シェル・シルヴァスタイン/作

幼い少年が老人になるまでを見守ってきたおおきな木。 ほんだきんいちろうさん訳と、村上春樹さん訳。どちらもいいです。

図書館指定なし

ヘリコプターたち

五味太郎/著

テンポのいい言葉と、五味太郎さんの独特な絵で描かれる世界。

図書館指定なし

ルリユールおじさん

伊勢英子/著 いせひでこ/著

本造りの職人(ルリユール)から少女へ、かけがえのないおくりもの。 いせひでこさんのやさしい水彩画とおはなしに引き込まれました。

図書館指定なし

百年の家 (講談社の翻訳絵本)

ロベルト・インノチェンティ/絵

家と人が織りなす百年の歳月。 一軒の古い家が自分史を語るように1900年からの歳月をひもときます。

図書館指定なし

おおやまさん

川之上/英子‖さく・え

心がほっこりあたたかくなるおはなしです。

図書館指定なし

どろぼうがっこう

加古/里子‖絵と文

この本に続いて、「どろぼうがっこうぜんいんだつごく」「どろぼうがっこうだいうんどうかい」も、ぜひ読んでほしい。

大人の方にオススメ

先日6月16日(土)に、第6回大人のブックカフェを開催しました。テーマは「大人の絵本」。
前半は、ゲスト:いちかわあつきさん(劇車 銀河鐵道)の読み聞かせ。後半は、参加者の方々が持ち寄った、お気に入りの絵本を紹介したり、おしゃべりしたり・・・。閉館後の図書館で、お茶を飲みながらの時間を過ごしました。
今回は、そのなかから数冊紹介させていただきました。

※ここで紹介している本は、中津川市立図書館の週替わり展示コーナーにて平成30年6月30日~7月6日まで展示しています。

5人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:297回、公開:2018/07/01

レシピの感想を書く

もっとレシピを読む