カーリル

怪獣小説、ここにあり!

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

MM9

ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント

小説・ウルトラマンティガ―白狐の森

山本 弘

朱川 湊人

川上 英幸

これぞ、平成の怪獣小説。巨大ヒーローも科学の粋を集めた地球防衛軍も出て来ない。怪獣は自然災害ということで、出てくるのは「気象庁」の公務員。一生懸命な公務員の姿に…感動します。

間違えじゃありません。朱川湊人さんが、ウルトラマンの脚本を書き、ノベライズもしています。ウルトラマンメビウスは、2006年にテレビ放送されたウルトラマンシリーズです。

1980年放送の「ウルトラマン80」以降、16年の時を経て再びブラウン管(液晶はまだ無かったので)に登場した「ウルトラマンティガ」。この小説はテレビドラマでは語られなかった別エピソードである。

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

発光妖精とモスラ

MM9 (創元SF文庫 )

中村 真一郎

山本 弘

あの小説家が「モスラ」を書いていた。著者は、中村 真一郎、福永 武彦、 堀田 善衛。ゴジラ映画はあったものの、創造力の底力を感じます。

【文庫版】これぞ、平成の怪獣小説。巨大ヒーローも科学の粋を集めた地球防衛軍も出て来ない。怪獣は自然災害ということで、出てくるのは「気象庁」の公務員。一生懸命な公務員の姿に…感動します。

特撮好きの本好き。にオススメ

僕の自説として、日本人は世界中の他の民族には無い『創造力』を持っていると思っています。妖怪、怪獣そしてロボット。人以外のクリチャーをイマジネーションする能力に関しては日本人ほど長けている人種はいない!と思うほど。そんな中でもこの三冊はいわば『怪獣小説』というジャンルがよ〜くわかる小説です。文学として味わうもよし、映像をイメージしながら読むも良し。おススメです。
※残念なことに「発光妖精とモスラ」はすでに絶版。復刊を期待します。

250人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:2394回、公開:2010/07/10

レシピの感想を書く

▶Twitter上のコメント

コメントの中にレシピのアドレスを残してね

もっとレシピを読む